信号機と標識の新設に関する要望書

 

1、 要望の趣旨

1、市道浮島高崎線と市道高崎三号線の交差する十字路交差点に「信号機」の設置と十字路交差点手前が急カーブになっているため「予告信号機」の設置をお願いします。

2、市道青木沢団地六号線と市道旭ヶ岡街路一号線のT字路交差点左側に「止まれの標識」の設 置をお願いします。

2、要望の理由

市道浮島高崎線と市道高崎三号線の十字路交差点につきましては、史跡連絡線開通後浮島より中央部への最短距離として交通量も多くなり、又坂道でカーブなっていることから交差点を予測できず、しばしば衝突事故がおきる大変危険な個所となっております。

            又、市道青木沢団地六号線と市道旭ヶ岡街路一号線の交差するT字路(通称マンモス坂)は、右側には「止まれ」の標識があるものの、左側には「止まれ」の標識がなく、急勾配の坂道のため、左側から来る車を確認するのが大変困難な状況となっており、又冬季における降雪時は、止まることが非常に難しい危険な個所となっております。そのため以前から、この二箇所の早期改善について地元住民より強く要望されており、「信号機」と「止まれの標識」の早期設置が急務となっております。

             以上の事から、事故を未然に防止するため、「信号機」(予告信号機も併設)と「止まれの標識」の新設について関係居住民の署名を添え要望致します。

 

十四

                                                             公明党多賀城市議団

宮城県警察本部長  佐藤 正夫