東日本大震災関連情報
   

 平成23年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生し、大津波による甚大な被害をもたらしました。多賀城市内では、総面積の33%が津波の被害にあい、多くの犠牲者もでております。犠牲となられました皆様のご冥福を心からお祈り申し上げますと共に、被害に遭われました市民の皆様に心よりお見舞を申し上げます。

 私も、地震発生直後から近隣の皆様の安否確認と避難所を回り、避難された皆様の激励と要望を聞いて奔走しました。仮設住宅も多賀城市では299戸整備し入居がはじまっております。また、民間の借家やアパートを借り上げする応急仮設もはじまりました。それでも6月10日現在で100戸の仮設住宅が不足しており、今後整備される予定となっております。

これまでは、任意の東日本大震災対策委員会が週に一度開催され、市民の皆様の声を当局に届けて参りましたが、通算6回開催し委員会を閉じました。

 6月定例会が6月21日から開催されますが、これまでの委員会の経過を踏まえ、法的に位置付けされた「東日本大震災調査特別委員会」を立ち上げる予定となっており、委員会の中でこれからの復興とまちづくりについて皆様の声を取り入れながらしっかりと取り組んでいきたいと思います。

 一日も早い復旧・復興へ向け今後も全力で取り組んでいく決意です。

 

【災害関連情報】

多賀城市における東日本大震災の被害状況 |  多賀城市内の避難者数|  行方不明者に関する問い合わせ |  身元が確認された犠牲者 |  遺体安置所 |  多賀城市内の被災写真 |  市長から被災者の方へお見舞い

被災された方々への支援情報

経済・生活支援

被災者総合相談窓口 |  災害義援金 | 生活支援 |  り災(届出)証明書 | 地デジチューナー等の支援 |  NHK放送受信料の免除

住まいの支援

住宅の応急修理制度 |  応急仮設住宅[Up] |  民間賃貸住宅の応急仮設住宅扱いについて |  被災住宅補修のための無料診断・相談制度 |  災害復興住宅融資 |  被災住宅応急修繕相談窓口

中小企業支援

被災中小企業者対策 |  宮城県の被災中小企業者に対する金融支援 |  セーフティネット保証5号(ハ)による金融支援 | 

その他の支援

乳幼児、心身障害者、母子・父子家庭医療費助成に係る特例措置 |  児童扶養手当の特例措置 |   伊豆の国市一時避難所でリフレッシュ |  入浴支援[Up] |  遺失物の縦覧 | 外国人被災者支援 |  登録免許税・登記手数料の免除特例 |  登記・人権なんでも相談所 |  災害ボランティアセンターのご案内