白線(路側帯)の整備(高崎1丁目13付近T字路)

 

            整備後

 

 

 

   平成19年5月、高崎1丁目の住民の方より、「家の前の道路は一方通行になっておりますが、ここの道路は通学路となっており、T字路から廃寺跡の方向に歩行する際、道路が狭いため、反対側来る車輌と接触しそうな大変危険な道路となっております。歩道も設置されていないことから、安全に子ども達が道路を歩行できるよう、道路の端に白線を引いて安全を確保して欲しい」との要望を頂きました。

  早速、現場を確認しましたが、要望どおり、白線を引いて歩行者の安全を図ることが急務と認識しました。

 その後、市の担当課に現場の状況を説明し、早期に整備されるよう要請しました。

 平成19年7月、道路に白線をひき、歩行者の安全を確保することができ、地域住民の皆様から大変喜ばれております。