西部地区に無料バスの運行がスタートしました!!(平成19年12月20日)

     西部無料バス「万葉号」

 平成19年12月20日、西部地区を運行する無料バス”万葉号”がスタートしました。市役所玄関前で午前9時50分、バス運行のスタートにあたり、菊地市長と北日本自動車学院の代表取締役千葉社長によるテープカットが行われました。

 西部バスについては昨年5月末で、採算性と乗客数の減少との理由から廃止されました。廃止以降西部地区の住民の皆様から、市役所など市中心部に行く公共交通機関が全くなくなり、バス路線の復活を求める要望が相次ぎました。

 そこで、再び西部地区にバス路線を導入するため、平成18年第1回定例会平成18年第3回定例会平成19年第1回定例会平成19年第三回定例会の一般質問で取り上げ、巡回バスの導入を推進して参りました。これを受け菊地市長も西部巡回バスの導入について前向きに検討され西部地区住民のアンケートを取るなど努力を重ねて参りました。

 このたびは、このような経過を踏まえ、市当局のご努力と北日本自動車学院のご協力により実現したものです。

 本日からスタートする万葉号は、1日往路1便、復路1便となっており、バス代は無料となっております。これは、北日本自動車学院の生徒さんを送迎するバスを利用し西部地区内にバス停留所を設け、市民の方が利用する場合は無料で乗せてくれるというもので、まさに、北日本自動車学院のご協力がなければ叶わないバス路線であります。

 多くの住民の皆様に利用していただきたいと思うと同時に、現在1日1往復だけでありますが、今後便数の増加に向けて更に取り組んでいきたいと思います。

 テープカットする菊地市長と千葉社長