水道管の整備を推進しました!!(南宮一里塚地区)

 

 平成21年3月、南宮一理塚の住民の方より、「私の団地の水道管は、県道から団地内に入っていますが、途中までしか入っていません。そのため、私の家では途中まで敷設された市の水道管から自宅まで、自費で水道を引き、現在水道を使用しております。しかし、今後、地震などの災害が予想されることから、途中までの水道管を県道まで巡廻するよう引いていただけないでしょうか。」との要望をいただきました。

 私は、早速、現状確認のため水道事業所の担当者に尋ねたところ、団地内を巡廻するようには水道管を敷設していないとのことでした。水道管が途中までしか入っていないと言うことは、水が澱んでしまう恐れもあり、安心・安全な水を市民の皆様に提供するには、水が巡廻していることが望ましいことから、早急に新しい管を敷設し整備して欲しいと要請しました。

 担当課では、22年度に整備します、との回答を頂きましたが、当局のご努力により、21年度整備することが決まり、現在、整備されております。