水害対策が実現しました!!(南宮地区、塩釜街道踏切前後、新田サンクス前)

            冠水しているサンクス前

    整備された県道

     冠水している県道泉塩釜線

 

      整備された県道

 平成11年3月、南宮の住民の方々より、「塩釜街道踏切付近(サンクス付近)の県道と市道は、雨が降るたび冠水することが常態化しており、歩行者や車の通行にも大変支障をきたし、生活環境上憂えべき状況となっているので、水害対策をしっかりと講じて欲しい」との要望をいただきました。

 平成11年9月議会でこの問題を取り上げ、「水害対策を講じるよう東土木に強力に働きかけるよう」要請しました。また、平成18年10月、仁田和広県会議員のパイプで、県の担当者及び東土木の所長をはじめ、市の下水道課及び道路課の担当者とともに、現場を確認し、早期整備へ向け協議しました。

 平成18年12月に水害対策を講じることが決定し、県道の沿線住民の方々へ説明会がもたれました。

 平成19年3月から工事が行われ、平成20年1月工事が完了し、水害対策を実現しました。