第20回多賀城跡あやめまつり開催 (平成18年6月24日)

     咲き薫るあやめ

 大勢の人で賑わう会場

平成18年6月24日から第20回の多賀城跡あやめまつりが開催され、当日、10時からは開催にあたりイベント開幕式が盛大に開催されました。

 

 20年の歴史に刻まれ、多賀城市の伝統行事の一つにもなっているこのあやめまつりですが、本年は250種で150万かぶのあやめが見事に咲き薫りました。

 

 あやめまつり実行委員長の丹野五郎(多賀城市観光協会会長)氏の開会のあいさつのあと、鈴木市長及び伊藤信太郎衆議院議員、鈴木多賀城市議会議長、それぞれから祝辞がありました。

 

 当日の天気は、風もなくほどよい暑さで素晴らしい天候に恵まれ大勢の市民の方で賑わいました。

 

 また、出店には、市内の各グループでご活躍の皆様が、額に汗し一生懸命がんばっておられる姿を拝見しました。こういった皆様に支えられながらあやめまつりが大成功していることをあらためて認識した次第です。皆さんに感謝申し上げたいと思います。

 

 また、昨年姉妹都市を締結した九州の太宰府市の交流団一行も、明日、当会場を訪れることになっており、市民レベルでの交流が盛んに行われることは大変すばらしいことと思います。

  祝辞を述べる鈴木市長

  清掃メンバーとしばしの歓談

第24回多賀城市民市開催 (平成18年11月19日)

 平成18年11月19日、多賀城市商工会主催による、「第24回多賀城市民市が盛大に開催されました。当日会場となった多賀城市役所前駐車場には、素晴らしい天気のもと、多数の市民が訪れました。会場には、地場産品の野菜や鮮魚など多数の出店が立ち並び、掛け声が飛び交いました。

 いざなぎ景気を超え戦後最大の景気回復期間といわれておりますが、今だ賃金の低迷や正規雇用ではなくパート・アルバイト雇用が多く、雇用環境も厳しい状況にある中で消費拡大が伴わず、市内の商工業者にとっては実感として景気を感じられない、との声を多く耳にします。

 景気回復が実感できるような状況になるよう願うものであります。