議員定数に関する調査特別委員会の開催 

● 第一回特別委員会開催(平成18年10月2日)

  第一回調査特別委員会では、委員長の互選が行われ、委員長には寺沢正志議員、副委員長には武谷英昭議員が

 選出されました。その後、紹介議員による趣旨説明と、説明に対する質疑が行われました。その質疑の中で中村委員

 から「請願の内容等に関し、請願者に対して説明責任がある」との質問があり、それに対し根本委員は、「誰でも行政

 に要望等を出せる仕組みが請願・陳情なので説明責任はない」と反論した場面もあった。また、今後どのように進める

 かについて話し合われ、類似団体の状況や県内13市の人口、議員数、報酬、政務調査費、応召旅費等に関しても議

 会事務局で資料を準備し、それらを元に本格的な議論が交わされることになりました。次回の日程は、20日の臨時議

 会及び説明会終了後決めることになりました。尚委員のメンバーは下記のとおりです。

  また、請願の内容については、「多賀城市議会議員定数削減を求める市民の会」から提出されたもので、「財政が非

 常に厳しい状況でもあり、議会自ら身を削り、現定数22名を20名に削減していただきたい」との内容になっています。

【特別委員会メンバー】

寺沢 正志議員 竹谷 英昭議員 根本 朝栄議員 小島 廣司議員
藤原 益栄議員 吉田 瑞生議員 昌浦 泰己議員 中村 善吉議員