市道の拡幅工事が始まり皆様の要望が実現!!

平成12年8月、新田一、二、三区長とともに”市道延長の早期整備”について市長に早期実施を要望してから三年半!ついに実現しました!

 平成12年6月、新田字袋地内の住民の方々より、「市道南宮新田三号線の延長は、途中までしか整備されておらず、車一台しか通れない狭いカーブの道路になっています。又当該箇所は新田一区、二区の子どもたちの通学路にもなっており、危険を回避し安全を確保するため、市道新田高崎線まで整備して欲しい」との要望を頂きました。

 早速、現場を確認後、担当課に現場の状況を説明し、早期に整備するよう要請しました。又、平成12年8月7日、多賀城市役所にて、新田一区、二区、三区の区長さんとともに「早期整備に関する要望書」を鈴木市長に手渡し「早期に整備して、住民の安全確保を図って頂くよう」要請しました。さらに、平成13年2月第一回定例会一般質問でもこの問題を取り上げ早期整備を訴えました。

 平成15年2月の予算議会で15年度と16年度で拡幅部分の土地を買収し、その後整備するとの方針でしたが、当局のご努力により15年度に買収が終了し工事が始まったものです。工事は財政が厳しい昨今の状況を踏まえ、16年度を皮切りに数年度に渡って行われる予定となっています。

 平成16年10から平成17年2月までの期間で第一期拡幅工事が始まり地域の皆様に大変喜ばれております。